2018年1月24日水曜日

アートノードTALK 鮫ヶ浦水曜日郵便局とその先 縄文からつづく宮戸地区の物語


アートノードTALK
鮫ヶ浦水曜日郵便局とその先
縄文からつづく宮戸地区の物語




せんだいメディアテークが2016年度よりスタートした新事業「アートノード」のトークシリーズ。今回は、昨年12月に開局した鮫ヶ浦水曜日郵便局の舞台となる宮城県東松島市宮戸地区について、「こども東北学」の山内明美さんと奥松島縄文村歴史資料館菅原弘樹館長をお招きし、民俗学的な視点で紐解きます。宮戸・里浜貝塚は日本最大級の貝塚として全国的にも有名です。4千年以上にも及ぶ、海に暮らした縄文人の営み。縄文からつづく宮戸地区の物語に、耳を傾けてみませんか

日 時:2018年2月7日(水)19:00-21:00(18:30開場)
会 場:SENDAI KOFFEE CO.(仙台市青葉区春日町4-25パストラルハイム春日町1F)
定 員:40名(要予約)
参加費:無料(ワンドリンク制)

山内明美(大正大学人間学部准教授)
1976年宮城県南三陸町生まれ。慶応義塾大学環境情報学部卒業。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程満期退学。専攻は歴史社会学、社会思想史。旧植民地地域も包含しながら、日本の東北地方を取り巻く近代社会についての社会構造と民衆思想を焦点に研究をしてきた。著書に『こども東北学』/よりみちパン!セ(イーストプレス)


菅原弘樹(奥松島縄文村歴史資料館長)
1962年宮城県生まれ。宮城教育大学教育学部卒業。東北大学大学院医学系研究科修士課程修了。宮城県教育委員会を経て、2000年から資料館学芸員。専門は動物考古学、縄文人の生業や食生活の解明が主な研究テーマ。著書・論文は「松島湾沿岸における縄文時代の土器製塩」『塩の生産と流通』(雄山閣2011)、「いま縄文人に学ぶ」『奥松島物語第2号』(荒蝦夷2014)ほか。


遠山昇司(鮫ヶ浦水曜日郵便局 局長 / 映画監督)
1984年、熊本県生まれ。法政大学国際文化学部卒業。ボストン大学留学。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。水曜日郵便局の局長・ディレクターとしてクリエーションに関する総合的なディレクションを行った。映画『NOT LONG, AT NIGHT -夜はながくない- 』、『マジックユートピア』、『冬の蝶』などで監督・脚本を務めており、国内外の映画祭において高い評価を得ている。


【予約申込】
一般社団法人Granny Rideto
https://goo.gl/forms/tOt0KKR0hTO95LBU2


アートノードについてのお問い合わせ 
せんだいメディアテーク 企画・活動支援室 
TEL 022-713-4483 
E-mail artnode@smt.city.sendai.jp 


企画運営 一般社団法人Granny Rideto
協力 水曜日観測所


-----------------------------------------------------
アートノードとは、「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐアートプロジェクト。せんだいメディアテークのコンセプトのひとつに「端末(ターミナル)ではなく節点(ノード)である」という言葉があります。そこからノードを抜き出し、再解釈した「せんだい・アート・ノード・プロジェクト(略称「アートノード」)を2016年からスタートさせました。アートノードでは、アーティストが、仙台・東北をリサーチし、同時代性のある現代アート作品を制作、さまざまなプロジェクトを展開します。そして、調査、企画、制作、発表までの過程を人々と共有し、鑑賞にとどまらない活動への接点をつくることで、より多くの人が関わり、熱のある「アートの現場」を仙台につくりだしていきます。また、アートを囲み、学び、視点を広げ、考えを深めるTALKやMEETINGなど多彩な機会をもうけます。
-----------------------------------------------------

鮫ヶ浦水曜日郵便局とは、水曜日だけ開く架空の郵便局。自身の水曜日の物語を綴った手紙を送ると、知らない誰かの水曜日の物語が送られてくるというちょっと不思議なプロジェクト。公式ウェブサイトは毎週水曜日にだけオープン。

2018年1月20日土曜日

ひきだしマルシェ2日目


ひきだしマルシェ1日目終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

2日目の出店者をお知らせします。

会場付近は大変混雑しますので余裕を持ってお越しください。
ご来場お待ちしております。

ひきだしマルシェ












日時:2018121日(日)10:0017:00
会場:夢メッセみやぎ(仙台市宮城野区港 3 丁目 1-7) 
入場無料


<出店者>
◯spica10:0012:00
zizoベーカリー(13:00〜)
Poupu poddy×coco-chi
多肉植物BLUE LEAF
コトリコーヒー
kamenoki natural soap
harmoniaun peu×cotoe
kome te
本沢3丁目パン工房(10:0012:00
庭音
OCHACCO
salz

▼宮城・仙台住宅リフォームフェアについてはこちら





2018年1月12日金曜日

2017▶▶▶2018


2018年、今年もよろしくお願いします。

今年の干支は「戌」。年男・36歳です。

一昨年の独立&大学院進学からまもなく丸2年が経過しようとしています。

経営者として大学生として、日々、刺激をもらいながら過ごしています。

2017年もたくさんのチャレンジをさせてもらいました。

2018年も大きなチャレンジの年にしたいと思います。


「かちんとしたなかに楽しさ、ユーモアを。大事なことにムキにならないセンス。」(花森安治)

今年もよろしくお願いいたします。

2017年11月7日火曜日

仙台市協働の事例集制作プロジェクト公開座談会「未来を築く協働とマルチパートナーシップ」開催


今週末、仙台市協働の事例集制作プロジェクト公開座談会「未来を築く協働とマルチパートナーシップ」に登壇させていただきます。

平日の午前中と参加しにくい方もいると思いますが、ユニークなメンバーが一同に集う場になります。ぜひこの機会にご参加ください。

これまで「市民活動」が盛んなまちと言われてきた仙台市。自発的で多彩な市民活動は、多様な人々の出会いの場となり、まちを創造する原動力として受け継がれ、着実な広がりを見せてきました。その力は東日本大震災の際にも最大限に発揮され、復旧・復興の大きな原動力となりました。
持続可能なまちであり続けるため、今後も多様な人々が手を取り合い、あらゆる地域課題に協働で取り組んでいくことが必要です。今回の座談会では、現在市内で協働事業を進められている若手実践者を各分野からお招きし、本市の未来につながる協働とマルチパートナーシップのあり方について座談会形式でお話しいただきます。
事前申込不要、入場無料となっておりますので、是非ご参加ください。

仙台市協働の事例集制作プロジェクト公開座談会「未来を築く協働とマルチパートナーシップ」

日時:平成29年11月10日(金)10時~11時30分
会場:仙台市市民活動サポートセンター 地下1階 市民活動シアター
   地下鉄南北線「広瀬通駅」西5番出口すぐ
   〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
※申込不要。直接会場にお越しください 。

座談会内容:
多様な主体による持続的な協働のまちづくりの進め方とネットワーク構築のアイデアを探る

定員:50名(参加無料、事前申込不要)

司会:宮城大学事業構想学群事業計画学科准教授 佐々木 秀之 氏

登壇者:
社会福祉法人 仙台市社会福祉協議会 地域福祉課 主事 石川 達也 氏
特定非営利活動法人 アスイク 代表 大橋 雄介 氏
特定非営利活動法人 とっておきの音楽祭 事務局長 菊地 新生 氏
東北学院大学 学長室地域共生推進課 其田 雅美 氏
特定非営利活動法人 都市デザインワークス 豊嶋 純一 氏
アリティーヴィー 株式会社 副社長 浜 知美 氏
一般社団法人 Granny Rideto 代表理事 桃生 和成 氏
仙台市まちづくり政策局防災環境都市推進室 主任 柳谷 理紗 氏
※五十音順


その他:公開座談会内容は平成29年度末発行予定の協働事例集に掲載されます。
お問い合わせ:仙台市市民協働推進課 TEL:022-214-8002


2017年10月11日水曜日

鮫ヶ浦水曜日郵便局 開局準備イベント第三弾@仙台


鮫ヶ浦水曜日郵便局 開局準備イベント第三弾@仙台



「トンネルを抜けると、そこには水曜日がありました」。
宮城県東松島市宮戸島にある旧鮫ヶ浦漁港に、郵便局に見立てたポストを出現させ、水曜日の出来事が綴られた手紙を全国から募集します。集まった手紙は、個人情報を伏せた上で無作為に交換し転送され、手紙を送った人の元には、知らない誰かの水曜日の出来事が綴られた手紙が届くことになります。2013年〜2016年に熊本県の津奈木町で開局していた水曜日郵便局が、宮城へのお引っ越しをするにあたり、仙台にてトークイベントを開催します。局長の遠山昇司、管理人の芹沢高志、そして配達員の髙田彩・桃生和成が、鮫ヶ浦水曜日郵便局について詳しくお話します。

日 時:2017年11月1日(水)19:00〜20:30
会 場:SENDAI KOFFEE(仙台市青葉区春日町4-25 パストラルハイム春日町1F)
定 員:40名(要申込)
参加費:無料(ただし、1ドリンクオーダーをお願いします。)
話し手:局長/ディレクター 遠山昇司 
    管理人/プロデューサー 芹沢高志 
    配達員 髙田 彩、桃生和成
主 催:水曜日観測所


<申込方法>
以下のフォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/KTiEyxFhqq4cNZLi2

鮫ヶ浦水曜日郵便局(水曜日にしか開かないHP)
https://samegaura-wed-post.jp/






2017年9月21日木曜日

ひきだしマルシェ@夢メッセみやぎ


この度、リノベーションEXPO2017に合わせてマルシェを企画しました。

10月14日(土)は夢メッセみやぎにお越しください。

ひきだしマルシェ

リノベーション EXPO2017 の会場の一つである夢メッセみやぎの野外展示場にて、「暮らし」をテーマに生活の身近にあるモノ・ことを集めたマーケットを開催します。開けたことのない引き出しをそっと開けるときのようなわくわくする出店者が揃います。 

日 時:2017 年 10 月 14 日(土)10:00~15:00 
会 場:夢メッセみやぎ野外展示場(仙台市宮城野区港 3 丁目 1-7) 




【出店者】9月21日現在
〇spica(ベーグル/利府) 
〇kamenoki natural soap(石鹸/松島) 
〇パン・菓子工房 oui(パン/南三陸) 
〇十文字商店(地元のモノ/栗原) 
〇つれづれ団(雑貨/仙台) 
〇三浦農園(農産物/名取) 
〇coco-chi(雑貨/仙台)
〇salz(ジャム/仙台)
〇木工 kigoto(木工/川崎)
〇七草商店(日用品/名取)
〇ターンアラウンド(美術/仙台)
〇Zizo ベーカリー(パン/松島)
〇ABLE ART JAPAN(美術/仙台)
〇Hanayaikka(花/仙台)
〇BLUE REAF(多肉植物/仙台)
〇defi(植物&古道具)
〇Junk henachoko(リメイク古道具)
〇KANKITU_GARDEN(多肉植物・雑貨)
〇green produce(多肉植物・雑貨)
〇miette(ベーグル&キッシュ)
〇yoga&cafe santosha(カレー&パスタ)
〇ゼロ村カフェ(牛タンフランク、つくね、カフェ等/仙台)
〇焚人(タキビト )(ピザ/仙台)
〇杢人(モクウド)(家具・小物/仙台)
〇月日工作舎(古道具/石巻)
〇村岡農園(有機野菜・果物/村田)
〇焼肉と文字(焼肉弁当/仙台)
〇ヒ・グラシ(snowpeakアウトドア用品/仙台)

会場主催:和以美㈱
ひきだしマルシェ主催:一般社団法人 Granny Rideto
協力:一般社団法人リノベーション住宅推進協議会、、この地に技あり!プロジェクト(JST科学技術振興機構「持続可能な多世代共創社会のデザイン」採択プロジェクト)


Facebook等で最新情報を更新していきます。
https://www.facebook.com/events/172258130017576/

同時開催のリノベーションEXPO2017のサイトにも出店者情報が掲載されております。
https://renovation-org.com/expo/2017/sendai/schedule/646/