2012年11月29日木曜日

怒濤の11月


もうすぐ11月が終わりますね。

フル回転でした。


まずは仙台文庫。

『ザッカトルテ 雑貨・手紙用品店yutorico.の日日』

責了。






いよいよカタチになります。

楽しみですね。

自分が書いた訳じゃないのに・・・。

yutorico.さん

本当におつかれさまでした。

あんなにたくさん書くの。

自分にはできません。

少部数なのでご予約もお早めにー。


http://sendaibunko.cart.fc2.com/ca2/26/p-r-s/



2012年11月10日土曜日

食食食


こんばんは。

職場の事業もいろいろ動いています。

来週はフードドライブの連続講座があります。

フードドライブ、聞いたことありますか?

フードドライブとは自宅で保管している食料品を、ホームレス支援など社会福祉のために活用している団体へ寄付するフードバンク活動のことです。

初回だけでも良いのでぜひー。



===

発見!感動!ボランティア体験!
みんなでいっしょにフードドライブ


E38395E383BCE38389E38389E383A9E382A4E38396E382A4E383A9E382B9E383882-thumbnail2.jpg


フードドライブとは自宅で保管している食料品を、ホームレス支援など社会福祉のために活用している団体へ寄付するフードバンク活動のことです。

この講座は、NPOと連携してフードドライブを体験する全3回の連続講座です。「食」を大切にするボランティア活動を通して市民の支え合いや日本の食料について考えてみませんか?

原則、全3回の講座すべてに参加できることが条件となりますが、相談にも応じますので気軽にお問い合わせください。

第1回「フードバンク・フードドライブを知ろう」
日 時:11月15日(木)19:00~21:00
場 所:市民活動サポートセンター301会議室

第2回「フードドライブボランティア体験!」
※多賀城駅前のイベントに食料品受付のブースを設置して体験します。
日 時:11月23日(金・祝)16:00~18:00
場 所:JR仙石線多賀城駅前 半円公園

第3回「フードドライブで集まった食料品を団体へ寄付しよう」
日 時:11月24日(土)13:00~14:30
場 所:市民活動サポートセンター101会議室


参加費:500円(講座の当日に集めます。)
定 員:15名(先着順・要事前申込)
申込方法:以下のメールフォームから申し込み可能です。
         ↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5624e211218764


■アドバイザー■
NPO法人ふうどばんく東北AGAIN

事務局長 高橋 陽佑さん
IMG_0085-thumbnail2.jpg


東北で初となるフードバンク団体立ち上げメンバーとして活動を開始し、多賀城市のパン屋の代表や仙台のホームレス支援団体代表らと共に、2008年11月ふうどばんく東北AGAINを設立。翌年7月に法人化し事務局長に就任。震災後に団体の専従スタッフとなり、県内外のフードバンクの推進の進のため、多様な活動を展開している。
http://www.foodbank.or.jp/

●申込・問い合わせ●
多賀城市市民活動サポートセンター
TEL 022-368-7745

主催:多賀城市
企画・実施:NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
協力:T.A.P多賀城/NPO法人創る村/(社福)嶋福祉会/坂総合病院


===

2012年11月8日木曜日

忍者がいた?!


現在toko!toko!Sendai vol.3の準備を進めています。

特定のエリアで指令をこなしながらまちを再発見するオリエンテーリング形式のまちあるき。

(ヒントは学生の頃に関わった盛岡のarkというイベント。)

arkに比べると規模は小さいけどなんとか一年に一回のペースで続けています。

vol.3の舞台は仙台の花壇・大手町界隈。

ここには昔、忍者がいたと言われています。

その噂を活かしたカタチで今回のtoko!toko!Sendaiは企画しています。

まだ参加チームは募集中です。

気軽にご参加くださいまし。

===

今年もやってきました!
つれづれ団企画のまちあるきイベントtoko!toko!Sendaiのお知らせです。
ぜひご参加ください。今回の舞台は花壇大手町。
今年はNPO法人都市デザインワークスさんとコラボレーションしました。
より充実したtoko!toko!Sendaiをお楽しみください。

toko!toko!Sendai vol.3
花壇・大手町の謎に迫る一日

むかしむかし、忍者がいたと言われている花壇・大手町界隈。あっちこっちで与えられるヘンテコな指令を忍者気分でクリアしてまちのお宝を手に入れろ。制限時間は3時間。

優勝チームには素敵なプレゼントも?!今年で3回目となるオリエンテーリング形式の新しいまちあるきイベントです。

日時:2012年11月18日(日)13:30~17:00(13:00受付開始)
集合場所:ギャラリーターンアラウンド 仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階
募集チーム:15チーム(※1チーム2名とする)
参加費:1チーム2000円
申込方法:チーム名、参加者2名の名前、代表者の電話番号を明記してメールにてお申込みください。
メール:tsurezuredan@gmail.com
※要事前申込ですのでお気をつけください。
申込締切:11月16日(金)

主催:つれづれ団
共催:NPO法人都市デザインワークス http://www.udworks.net/
協力:ギャラリーターンアラウンド http://turn-around.jp/

===

ちなみに今回協力いただいている都市デザインワークスさんは『せんだいセントラルパーク』構想というものを提案しています。

広瀬川流域を中心としたまちづくりです。



最近HPもできたのでこちらも合わせてご覧下さい。

とてもわくわくするHPです。

デザインは193。さすがー。




2012年11月2日金曜日

「ゆるさ」は手段



多賀城をあそぶプロジェクト(仮)が動き出して8ヶ月が経過しました。

多賀城の地域資源を活かしておもしろくしようと試験的にはじめたこのプロジェクト。

少しずつですがゆるやかな輪が広がりつつあります。

何もないと思われがちなまちでも必ずおもしろい人がいて、その人たちをつなげるだけでも何かができそうな気がします。

おもしろい人を招いて車座で話をするカタコトークも次で6回目になります。

(次回のゲストはカフェの店主です。詳しくはこちら→

多賀城で仕事をはじめて5年目を迎えますが、地域にこんな人がいたのね、という新たな出会いがたくさんありました。

今後も月1回ぐらいのペースで続けていきます。

日常を旅行するミチクサトラベラーや地域の情報を発信するフリーペーターの養成など、他の企画もこれからどんどんおもしろくなりそうです。


先日、情報レンジャーという復興に向けて活動している団体などを紹介するプロジェクトでも紹介してもらいました。あまり復興という意識はありませんが、よくまとまっているので掲載します。取材を受けたのはプロジェクトメンバーの松村さんです。


===
メンバー5人で始まった多賀城をあそぶプロジェクト(仮)。このプロジェクトは、多賀城のいろいろな資源(人、場所、情報など)をいかしてまちをおもしろくするための活動だそうです。主な活動は「カタコトーク」「ミチクサトラベラー」「フリーペーター」。その活動内容については動画の方で説明していただいているので、そちらをご覧下さい。
いずれもゆるーい感じの名前ですが、これには訳があるようです。「ふるさとをなんとかしなければ」ということで始めないようにしていると話すメンバーの松村さん。ゆるくやりたいからというのもあるのですが、実はメンバーそれぞれ熱い想いはもっているんだけど、見せ方として 間口を狭くせず、また入ることで任務があるとか押しつけがないようにしたいと考えているためだそうです。それは誰もが気軽に参加できるようにするため。そして、それがまちづくりや誰かの為につながるようにしていきたいからとのことでした。
参加対象は多賀城市民に限ってはいないそうです。多賀城に興味がある人、関わりのある人だれでもOK。参加したいと思った方は松村さんに連絡してみてください。「いいよ」って言ってくれると思います。

===

松村さんも言ってますが、このプロジェクトは一見ゆるそうですが、実はメンバーはいろいろ考えて動いています。「ゆるさ」は手段であって「おもしろそう」「たのしそう」な雰囲気を伝えることでより多様な人と出会う機会を広く設けています。

つれづれ団も基本的にそこは同じだと思います。

高尚な目標を掲げることで可能性を限定してしまう場合もあるのかな、と。ケースバイケースですけどね。

ただ間口を広げることで多様な人が出会うことで思いがけないおもしろいことが生まれる場をこれまでいくつも目撃してきました。これはこれで一つの方法だと思います。

試験的なプロジェクトなので今後もいろいろチャレンジしたいと思います。


多賀城在住の方や出身の方、何かしら関わりのある方はぜひご参加くださいませ。

今後の動きもお楽しみに。