2018年3月29日木曜日

トリコラボミーティング~新しい二戸の場を作る~


岩手県二戸市にオープンする情報発信拠点施設「tricolabo(トリコラボ)」のオープニングイベントにお声がけいただき、ゲストスピーカーとして登壇することが決まりました。

お近くの方で関心があればぜひご参加ください。

===

トリコラボミーティング~新しい二戸の場を作る~


この春、カシオペアメッセ・なにゃーとの3階に新設された情報発信拠点「tricolabo(トリコラボ)」。従来の総合案内・サークルルー ム、会議室に加えビジネスやワークショップに活用できるコワーキング、親子ふれあいの場、読書など ができるバーコラデッキ、ギャラリー、最新鋭のテレビ会議システムなどを導入したサテライトオフィスなどに生まれ変わりました。
この場を二戸の新たな情報発信、交流拠点として活用していくために何が必要なのかを考える市民参加型ミーティングを行います。ゲストスピーカーは、仙台市のシェア型複合施設「THE6」や宮城県利府町の公共交流施設「tsumiki」のディレクターを務める桃生和成さん。聞き手は、トリコラボのコーディネーターを務める(株)エディションズの金谷克己さんです。トリコーロールエリアの新しい場としてみなさまの様々なアイディアを交換する機会にぜひご参加ください。

日 時:2018年4月7日(土)17:00~18:30
場 所:トリコラボ コワーキング
    岩手県二戸市石切所字森合68 カシオペアメッセ・なにゃーと3F
参加費:無料
定 員:25名

【申込方法】 
市商工観光流通課(☎ 0195-43-3213)まで電話またはフェイスブックイベントページお申込みください。

交流会】
イベント終了後講師を囲んでの交流会を開催します。
併せてご参加ください。(会費2,000 円)

●ゲスト
桃生 和成(ものう かずしげ)
(一社)Granny Rideto代表理事/シェア型複合施設「THE6」(仙台市)ディレクター/tsumiki(宮城県利府町)ディレクター
岩手大学人文社会科学部卒業。現在、宮城大学大学院事業構想学科空間デザイン領域所属。大学時代、商店街の活性化を目的に、地域通貨とごみ拾い活動を組み合わせた「シネマ・ストリート・プロジェクト」に参加し、市民活動に出会う。2008 年、NPO 法人せんだい・みやぎNPO センター入職。多賀城市市民活動サポートセンター長を務めたのち、2016 年退職。その他、東北の日常をおもしろくするつれづれ団団長。モットーは「常に心にユーモアを」。1982 年仙台市生まれ、いわき市育ち。


●聞き手
金谷 克己(かなや かつみ)
クリエイティブディレクター/株式会社エディションズ代表取締役/株式会社モリノバ取締役
岩手県内の印刷会社・制作プロダクションのデザイナー、広告代理店アートディレクターを経て、2003 年に独立。グラフィック・CM 等の分野で活動の他、盛岡・仙台にてセレクトショップを経営、バイヤー、BAR プロデュースなども手がける。盛岡を中心にアートディレクションの仕事を手がけ、地元企業や行政のブランディング・プロモーションに関するアドバイザーとして各地で講演やセミナーなども行っている。2013 年より岩手の企業のデザイン意識向上をはかるため、デザイナー有志で運営する岩手発のデザインイベント「いわてデザインデイ」を立ち上げた。2016 年、リノベーションまちづくり会社モリノバを設立。古民家を再生した複合施設「十三日(とみか)」をオープンした。日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員、いわて産業振興センター産業支援アドバイザー



2018年3月22日木曜日

【こおりやまチャレンジ塾プレイベント】地域×おせっかい×ユーモアでつくるコミュニティ


明日ですが、郡山のNPO法人コースターさんにお声がけいただきお話させていただきます。

===

【こおりやまチャレンジ塾プレイベント】
地域×おせっかい×ユーモアでつくるコミュニティ

ースターでは、2018年4月より1年間、郡山や社会に対してちょっとした貢献やチャレンジをしたいという方向けに一緒にチャレンジする企画を考える連続ワークショップ「こおりやまチャレンジ塾」を開講します。

この講座では、郡山な身近な課題を解決するプランを考え、参加者同士でそのプランを試しにやってみるワークショップです。3月までに郡山を題材としたイベントの企画・開催に向けて、月2回、勉強会を行います。

具体的には、アイデアプランの出し方をワークで学んだり、様々現場で活動する専門家の話を聞きながら、プランの実現するためにアイデアを参加者同士で考え、実行する内容となります。

考えるアイデアは、例えば「みんなで逢瀬川をゴミ拾いするボランティイベント」や「地図帳から学ぶ歴史講座」など、身近な問題に対して、ちょっとだけ取り組んでみる企画を立てるものです。そのプレイベントとして、3月まで月1回、事前説明会を兼ねたプレイベントを実施します。

今回は、一般社団法人Granny Ridetonoの代表である桃生和成氏をゲストに、地域でのコミュニティのつくり方や巻き込み方について学びます。

ご興味ある方は是非、ご参加ください。

==============
プレイベント概要
==============

■日時:2018年3月23日(金)19:00~21:00

■会場:福島コトひらく(郡山市富久山町久保田下河原191-1)

■参加費:1000円

■内容
1.こおりやまチャレンジ塾の説明
2.講演
講師:桃生和成氏(一般社団法人Granny Rideto代表理事/つれづれ団団長)
テーマ:地域×おせっかい×ユーモアでつくる地域コミュニティ
3.参加者全員でのディスカッション

■申込方法
(1)フェイスブックページの参加ボタンをクリック
(2)024-983-1157に電話申込
(3)info@costar-npo.orgにメール申込
本文に「氏名、連絡先、3/23申込」を記入してください。

■講師プロフィール
桃生和成(ものうかずしげ)
一般社団法人GrannyRideto代表理事
つれづれ団団長
1982年宮城県仙台市生まれ、いわき市育ち。公共施設「利府町まち・ひと・しごと創造ステーションtsumiki」の企画・運営や仙台市にあるシェア型複合施設THE6のディレクションに携わる。約400名の団員がいる「つれづれ団」の団長として東北をおもしろくするための活動を続ける。震災後、祖母・まさこと二人暮らしの自宅にて友人たちとの奇妙な共同生活を行っていた。モットーは「常に心にユーモアを」。

======================
こおりやまチャレンジ塾概要
======================

■日程
2018年4月~2019年 毎月第2、4金曜日 19~21時で実施

(9月までの日程)
4/12,26,5/10,24,6/14,28,7/12,26,8/10,24,9/13,27

■プログラム内容

月の前半は講義&ワークショップ、後半は前半実施回のワークのおさらい&アイデアプラン作成

■参加費:各回500円(一部外部講師を呼ぶ会は1000円)
 ※一括でお支払われる方は10,000円(2000円の割引)

■会場:福島コトひらく(郡山市富久山町久保田下河原191-1)

■参加対象
高校生以上

■応募方法
(1)024-983-1157に電話申込
(2)info@costar-npo.orgにメール申込
本文に「氏名、連絡先、こおりやま地域課題解決チャレンジ塾申込」を記入してください。